天岩戸

シェアする
提供: みえまにあ
移動先: 案内検索

天岩戸って?[編集]

可愛らしく言うと、伊勢神宮にまつられている天照大神がかくれんぼ・ひきこもってた場所(とじこもってなかなか出てこなくなってしまった伝説の場所)。
そもそも、天上界の話なので、人の見えるようなところには隠れないだろうと思われる。

天照大神がこもってしまうと、真っ暗になるらしく、大変。植物は育たんし、他の生き物も元気がなくなる。光を浴びないと多くの生き物は生まれないし育たないということ。太陽あってのこの世。

三重県におけるここが天岩戸だって場所[編集]

恵利原の水穴を天岩戸とする場合は、伊勢道路の途中のダム湖のあたりにある鳥居をくぐって奥に行くとある。水が汲める。

他にも二見興玉神社とか。

全国にいくつかそういった場所があるが、モチーフになったであろう場所というのはおそらく宮崎県の高千穂なんじゃないかなって思う。高千穂付近は神話にまつわる話がよく出てくるのでそこじゃないかなぁって。