三重県

シェアする
提供: みえまにあ
移動先: 案内検索

都道府県名。東海三県の一つ。県庁所在地は津市
東海三県の中で一番人口が少ない。海有り県。山は愛知よりも高い。岐阜には負ける。

地理のお話[編集]

縦に長い。
三重県の東・南側が海で西側は山が多い。
伊勢自動車道から海側が発展している&人口が集中している。

歴史的に、江戸時代からの影響が残っていて、県内のそれぞれの地域に文化や方言などの名残などが残っている。
海や大きな川・山があって峠を超えて行かなければならなかったところは平野が続いているところやそこにたどり着くのに距離ではなく、行き来がまだしやすかった人が交流していたため三重県の県境では三重県民というひとくくりにできないといったことも。
なので、いくつかの方言・言葉の違いがある。

大きな木曽川の向こう岸にある木曽岬町は、愛知県に隣接している。このあたりは昔は木曽三川(揖斐川・長良川・木曽川)という大きな川の河口で三角州がいくつもあったらしい。今はコンクリートなどで固められてしっかりしているが、いわば島だったみたい。このあたりを干拓して、陸続きにしたので、現在のような愛知県の一部のような陸続きの形になった。干拓工事をしたのは三重県の人だったので、三重県側は木曽岬町は三重県に属するとなった。陸続きなので、愛知県と何度も協議されてきたけれども愛知県に属していない。

隣接しているのは、

  • 愛知県 - 名古屋市が県庁所在地の県、豊田市も愛知県。工業の生産高1位。
  • 岐阜県 - 武将の名残が残る町や、北部は飛騨など美しい文化が残る県。

他に

  • 滋賀県
  • 奈良県
  • 和歌山県

実は他にお隣さんなのが、京都府。

主な市町の特徴[編集]

三重県は西日本?東日本?[編集]

文化圏も混ざり合っていて複雑な模様。三重県は西日本なのか東日本なのかを参照。