カテゴリ:神道

シェアする
提供: みえまにあ
移動先: 案内検索

しんとう。

日本の民族信仰の一つ。

天照大神(日の神・太陽神・太陽を司る神)をはじめ、信仰している神社等の神、近くの氏神をまつる。神棚のある家は棚に神札が収められている。

いいも悪いももなにもかも神様。天使・悪魔といった別け隔てを行わない。そういう意味で、邪神も荒ぶる神という扱いとなるので、守護神という考え方に。
神道では依り憑くという考え方がある。

人によって様々な考え方があるというのも神道的なもので、伝来した仏教を受け入れたのも神道がこの国にあったため。いい加減といってしまうと元も子もないが、寛容であるというと良いのかも。

様々な神社や考え方がある中で、三重県の信仰は伊勢神宮が伊勢市にあるため、伊勢信仰が強い。神社の数などが少ないのと、他の稲荷や八幡といった名の社が他の都道府県と比べて人口比率的に少ない。

神道と日本人[編集]

日本における神頼みというのは神道。日本人で生まれ育った人はある意味でみんな神道。宗教動向ということではなくて、道徳的あるいは哲学的な精神のこと。これをもっていると日本人。なので日本人というのは神道的思想をどこか片隅でも持っている人のこと。

  • 自然に感謝する
  • 生き物に感謝する
  • 生きていることに感謝
  • 災いをある意味で受け入れたり受け流したり
  • 自然に対して敬意を払う
  • 自然を支配するわけではなく、自然とともに

下位カテゴリ

このカテゴリには以下の下位カテゴリのみが含まれています。

カテゴリ「神道」にあるページ

このカテゴリには以下のページのみが含まれています。