カテゴリ:三重弁

シェアする
提供: みえまにあ
移動先: 案内検索

三重弁の概要

三重県で耳にする可能性がある方言。
主に京阪式。全体的に関西弁に近いイントネーション。

県内で方言が統一されているわけではなく、おおまかに以下の4つに分かれる。
今は行き来する人が多くなったが、昔は山・川・海などがあると、文化や方言が伝わらなかったり、独自の方言になったりすることがあった。主に山が隔たりとなっている、志摩地方・伊賀地方・東紀州地方と北中南勢は違いがある。

  • 伊勢弁 - 一般的にこれが三重弁。津がその中心?
  • 志摩弁 - 三重弁や伊勢弁に近いが少し違う。志摩市鳥羽市・度会周辺
  • 伊賀弁 - イントネーションや言い回しが奈良に近い。青山高原があったため、奈良の影響を強くうけた。
  • 紀州弁 - 紀北町・尾鷲市・熊野市等の新宮・和歌山に近い地域。

※他にも・・・長島弁・名古屋弁 - 木曽岬町、桑名市長島町

伊勢弁は伊勢自動車道周辺・伊勢自動車道から海側あたり。
津市鈴鹿市四日市市松阪市等の人口が集中している地域。
細かく言うとそれぞれの地域で使ったり使わなかったりするコトバや言い回しがある。また、家庭環境や地域環境で使うコトバ使わないコトバに違いがある。そのため、これは通じるだろうということも通じなかったり、通じないと思っていたことが通じたりする。
桑名市は名古屋に近いため、名古屋弁の影響が強いが基本的には三重弁。
※川の向こうの木曽岬町は三重弁を話さない。名古屋都心に一番距離的に近い。

広く言うと、伊勢弁。伊勢弁をを話す地域は、
伊勢自動車道周辺・伊勢自動車道から海側、飯南・飯高あたり。
ざっくり考えると、鳥羽市・志摩市・志摩市の志摩弁も含まれる。

伊賀弁、紀州弁は違っている。京阪式なのは同じ。イントネーションや言い回しが、津などと比べると違う。木曽岬町は明らかに違い名古屋弁(長島弁)。

近鉄に乗ってみよう

三重県は近鉄名古屋線、大阪線が走っている。川を越えると名古屋弁が聞こえる。見えに入ると関西訛り・三重訛り・京阪式。大阪線は、青山トンネルを超えると、発音が奈良よりになった伊賀弁が聞こえる(※乗っている人による)。

他の意味と間違えそうな三重弁

三重弁動画

三重弁伝授

三重弁紹介

三重弁バカにされがち単語紹介

  • ~やん
  • えらい
  • そーなん?

ありえやんやん!弟が東京に染まりかけとんのやけど…

  • 東京の発音に染まりかけとる弟と姉のネタ

三重県のYoutuber・芸能人

虫を表すコトバ

平八郎という人の名前のような呼び名があるが、これはゴキブリを意味するコトバ。へいはちともへーはちとも言う。また脂っぽいのか、アブラムシと言う。アブラムシといきなり言われたら、雑草などに張り付く小さな虫のことをイメージしそう。
カメムシは、匂いが強い、屁をこくという意味なのか、へっぷりきんきんと言う。

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 6 件が含まれており、そのうち以下の6 件を表示しています。

カテゴリ「三重弁」にあるページ

このカテゴリには 842 ページが含まれており、そのうち以下の 200 ページを表示しています。

(前のページ) (次のページ)
(前のページ) (次のページ)