じんどう

シェアする
提供: みえまにあ
移動先: 案内検索

言葉[編集]

じんどう

読み[編集]

じんどう

説明[編集]

カブトムシやコガネムシの幼虫。
主に、カブトムシ・クワガタムシの幼虫を指す(コガネムシやカナブンなど似ている幼虫と間違える)。

[編集]

土掘ったら、じんどう、出てきたで

コメント[編集]

じんどう虫と丁寧に、虫であることをわかるように言うこともある。

カブトムシ・クワガタ・コガネムシ・カナブンの幼虫のこと。ジムシ系なら、じんどうに似てみえるので、カブトムシの幼虫じゃなかった時はショック。
カブトムシの幼虫=じんどうだと思っている人もいるので、コガネムシ・カナブンの幼虫だったらショック。

じんどうの特徴として、点が体の横についていること。丸くなる体。あごがある。おしりのあたりが、土を食べているからか、黒い・こげ茶色。全体的に白い・黄色っぽい色。

ゾウムシなども似ているらしい。ただ、大きさがカブト・クワガタは大きいので注意すれば、じんどうも見分けられる?

他の昆虫[編集]

ちなみに、虫のことをじじともいう。